痛みや不安をできるかぎり少なくする麻酔術

インプラント手術を受ける方には、静脈内鎮静法で痛みや不安を取り除きます。

静脈内鎮静法でインプラント手術の不安を緩和静脈内鎮静法
インプラント手術は、静脈内鎮静法を使って麻酔をかけます。静脈内鎮静法は、沈静効果のある薬を直接静脈の中に点滴する方法です。麻酔効果がないので局所麻酔と併用して使用します。静脈内鎮静法は、手術の進行に合わせて薬の量を調整するため、麻酔医でなければコントロールが難しい鎮静法です。当院では経験豊富な麻酔医に来てもらい、麻酔医の立ち会いで静脈鎮静法を行います。鎮静剤を点滴すると、意識がぼんやりしてきてウトウトした状態になります。全身麻酔とは違って完全に眠ってしまうことはありませんが、健忘効果があるので、手術時間が短く感じられ、術中の不安や恐怖も残りません。麻酔医が麻酔の量をコントロールするので副作用などの心配がなく、安全です。

●静脈内鎮静法のメリット
・リラックスした状態で手術が受けられる
・健忘効果が高いので、術中の痛みや不安・恐怖心が残らない
・術中のストレスがなくなるので、高血圧や心疾患がある方でも受けられる
・手術時間が長引いても、健忘効果があるので短時間に感じられる

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております