痛みに配慮した治療

痛みに配慮した治療

歯医者さん嫌いになる一番の原因が、治療中の痛みです。歯の痛みを取るために来たのに治療中に痛いのでは本末転倒。痛みや苦痛を取り除く努力は歯科医師として当然のことです。当院では、痛みを和らげる様々な工夫をしています。

お子さまでも泣かない痛みの少ない治療

痛みの少ない治療当院の麻酔は、全然痛くない麻酔です。使っている麻酔は、どこの歯科医院にもある普通の麻酔ですが、痛みを与えない工夫をしているので、痛みを訴える方はほとんどいません。いつ麻酔をかけたのかわからない方も多く、治療を終えた後に「特別な麻酔をしたのですか?」とおっしゃる方も少なくありません。

院長は、麻酔のセミナーに参加して麻酔をかけてもらった時に、痛みをまったく感じなかったことに感動してそのテクニックをマスターしました。細心の注意を払って麻酔をかけるので、痛かったり怖がったりして泣きだすお子さまはいません。ソフトなタッチとていねいな麻酔で痛みをコントロールしますので、痛みが苦手な方でも安心して治療を受けてください。

高度な麻酔テクニックで、痛みの不安を取り除く

嘔吐反射が強い方やインプラント手術を受ける方には、高度な麻酔テクニックで痛みや不安を取り除きます。

笑気麻酔で嘔吐反射を克服する笑気麻酔
笑気麻酔は、鎮静作用のある笑気ガスを吸入してリラックスさせる方法です。笑気麻酔には麻酔効果はありませんので、必ず局所麻酔を併用して使用します。笑気ガスを5分ほど吸入すると、緊張感や恐怖感が解れてきてリラックスした状態になりますが、意識ははっきりしているので眠ってしまうことはありません。嘔吐反射の強い方は、笑気ガスを使うと嘔吐反射が出なくなり、治療が楽になります。低濃度の笑気ガスを使用するので、安全で副作用の心配はありません。治療が終わったら準酸素を5分ほど吸入すると、すぐに麻酔が覚めて回復します。

●笑気麻酔のメリット
・嘔吐反射を抑えることができる
・治療中の強い不安やストレスを緩和できる
・痛みが感じにくくなる
・治療中でも意識があり、呼びかけに答えることができる
・笑気ガスの吸入を止めると意識がすぐに回復する

静脈内鎮静法でインプラント手術の不安を緩和静脈内鎮静法
インプラント手術は、静脈内鎮静法を使って麻酔をかけます。静脈内鎮静法は、沈静効果のある薬を直接静脈の中に点滴する方法です。麻酔効果がないので局所麻酔と併用して使用します。静脈内鎮静法は、手術の進行に合わせて薬の量を調整するため、麻酔医でなければコントロールが難しい鎮静法です。当院では経験豊富な麻酔医に来てもらい、麻酔医の立ち会いで静脈鎮静法を行います。鎮静剤を点滴すると、意識がぼんやりしてきてウトウトした状態になります。全身麻酔とは違って完全に眠ってしまうことはありませんが、健忘効果があるので、手術時間が短く感じられ、術中の不安や恐怖も残りません。麻酔医が麻酔の量をコントロールするので副作用などの心配がなく、安全です。

●静脈内鎮静法のメリット
・リラックスした状態で手術が受けられる
・健忘効果が高いので、術中の痛みや不安・恐怖心が残らない
・術中のストレスがなくなるので、高血圧や心疾患がある方でも受けられる
・手術時間が長引いても、健忘効果があるので短時間に感じられる
・臨吐反射を抑えられる

治療を受けられた患者さまの声

治療を受けられた患者さまから寄せられた、治療中の痛みなどに関する感想を掲載しています。

T.Y様 女性 57歳 山梨県南アルプス市

患者さまの声

■治療を終えて一言お願いします(痛みはありましたか?)
・痛みはありません。
・先生は、今何の治療をしているか話しながら処置してくれるので分かりやすいです。

■先生のお話の感想をお願いします
歯医者さんが苦手な私は、ほんとに困った時しか利用しなかったので、行く時には"あれもこれも聞いてみよう!"とドキドキしながら歯科医院に行くのですが、治療しながらだと質問するタイミングがわからず不完全燃焼でした。しかし川手先生は診療時間外で現在の口・歯・状況・今後の治療の目安をレントゲン写真と写真を用いて説明してくれるので、自分の状態を把握でき、すごく良かった。
又、歯科衛生士さんもやさしくて丁寧です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております