早めの治療で歯を長持ちさせる

ていねいで時間をかけたカウンセリングモニターでお口の状態を確認すると、ご自身ではわからなくてもお口の中に小さなトラブルを抱えている方がほとんどです。そうした方は、早めに治療をすると10年、20年先も健康な状態を保てます。カウンセリングでは一生ご自身の歯が使えるように、早期やり直し治療もご提案をしています。

一般的には、歯が痛くなったり壊れたりしてから、やり直し治療をします。そのタイミングで治療をすると歯を大きく削るようになり、それがやがてやり直し治療の繰り返しになり、5回目くらいには抜歯になるといわれたりします。早期治療をすることによってそれらを大きく削らずにすみ、良い状態を保って長持ちさせることができるのです。

例えば、洋服を1年間着続けていると汚れたり毛玉が出来てしまったりします。靴も2~3年使い続けていると汚れたりソールが削れて穴があいてしまったりします。早めにメインテナンスを行っていると、長く使い続けることができて安心です。それと同じように、歯も詰め物・被せ物の寿命になる前にメインテナンスしていれば、お口の中を常に良い状態に保てます。これからの歯科治療は、悪くなる前に治療して長く持たせる時代です。10年、20年先を考えたカウンセリングで、生涯にわたり歯の健康を守る治療をご提案いたします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております