入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯入れ歯
残っている歯に針金をかけて失った歯を補う方法で、取り外し式です。針金が見えてしまったり、小数の欠損でも支持部が必要なので異物感がでてしまいます。また、取り外す回数により健康な歯に傷ができることさえあります。全ての歯を失ってしまった場合は、歯ぐきで人工の歯を支えることになります。顎の骨が退化している場合は安定が悪くなります。人により異物感がひどくあり、嘔吐反応がでる場合があります。

ブリッジブリッジ
ブリッジとは、歯を失ってしまった箇所を補うために両隣の歯を一回りずつ削り、歯を失ってしまった箇所に取り外しのできない入れ歯を入れる方法です。この治療法には保険が適応されます。ただ周囲の健康な歯を削る必要があります。また、食べかすが詰まってしまい歯槽膿漏やむし歯の原因になる可能性もあります。保険内でのブリッジの場合、笑うと銀歯が見えることもあります。費用をかけることにより見た目に美しく仕上げることも可能です。

インプラント ブリッジ 入れ歯
特徴 ・健康な歯を削る必要がない
・外見上も不自然さがない
・インプラント(埋め込み)なのでしっかり固定され、他の歯に負担をかけない
・咬む力もあり天然の歯と変わらない食感を楽しめる
・咬み合わせが良く、顎の骨が痩せるのを防ぐ
・失った歯の本数が少ない場合によく使われる方法
・取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定している
・咬む力も回復できる
・ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかける
・ブリッジを支える健康な歯を削らなければならない
<部分入れ歯>
・取り外しができる
・ブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがある
・不安定なため咬む力は弱くなる
・違和感がある場合が多い
<総入れ歯>
・部分入れ歯よりも、さらに安定が悪くなる
・歯ぐき全体で入れ歯を支える形になり、咬む力もかなり弱くなる
・食べ物の咬み心地が分からないため食べる楽しが失われる
・顎の骨がやせて合わなくなると作り直す必要がある
費用 ・保険は適用されない
・費用は見た目の良い入れ歯やブリッジと同程度
※治療本数、部位などによって費用は多少異なります。ご質問やご相談はお気軽に。
・保険適用されるものもある ・保険適用されるものもある

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております