歯科用CTで正確に診断

CT当院は歯科用CTを完備しており、手術前にCT撮影をして綿密な診査・診断を行います。CT画像をコンピューターに転送すると、お口の中を立体的に映し出します。歯や顎の骨の状態や、咬み合わせの状態から口腔内の広がりや奥行まで、正確に把握できます。また、骨の深さや厚みや神経の位置もわかり、使用するインプラント体の種類や埋入位置も正確に決定できます。

●歯科用CT
歯科用CTは頭頸部に特化したX線撮影装置で、患部の断層写真をコンピュータ処理して、三次元的に再現するシステムです。従来のレントゲンに比べると画像が鮮明で、立体的に再現できます。しかも患部を任意の大きさに拡大して見ることができるので、精度の高い診断が可能です。撮影後すぐにパソコンに転送でき、診察室に設置したモニターをお見せしながらお口の中を詳しく説明します。

綿密なシミュレーションシミュレーション
専用ソフトを使い、CT画像を取り込んで、コンピュータでシミュレーションをします。シミュレーションでは、神経や血管を傷つけないように、インプラント体の埋入位置や角度を決めていきます。綿密な治療計画をシミュレーションすることで、より安全で確実な手術ができるようになります。また、患者さまにシミュレーション結果をお見せすることで治療後のイメージができるようになり、手術に対する不安を取り除くことができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております