最新の医療機器の導入

川手歯科クリニックでは、最新の医療機器を導入し、より正確な診断、精密な治療を行います。そして何よりもより安全な医療を提供していきます。

歯科用CT完備で正確な診断CT
歯科用CTは口腔内の様子を立体画像で確認できるので、従来のレントゲンより正確な診断が可能になります。また、フィルム式のレントゲンのように現像作業が不要なので、撮影後すぐに診療室のモニターで、患者さまのお口の中の状況を映しながらご説明することができます。

患者さまにも、我々にもわかりやすく便利な歯科用CTですが、すべての歯科医院に導入されているわけではありません。日本全国の歯科医院の歯科用CT導入率はまだ3%程度です。当院では、これからの歯科治療に歯科用CTは必須と考え、導入しました。

手術専用室オペ室
インプラント手術のみならず、難度の高い親知らずの抜歯など外科的処置が必要な場合は手術室を使用します。

手術室は個室であることはもちろん、各設備の全てが消毒され衛生的な状態を維持しています。

バイタルモニターバイタルモニター
インプラント手術は外科的処置ですので、常に血圧・体温・呼吸・脈拍をチェックしております。

インプランターインプランター
インプラント手術の際、顎の骨に穴をあける時に使うエンジンモーターです。顎の骨にダメージを与えないように低速で一定の回転数で穴をあけていきます。

歯科用レーザー治療歯科用レーザー
歯科治療には不安、恐怖、不快感など患者さまに多くのストレスを与えます。そんなストレスを軽減させる治療機器が歯科用レーザー装置です。レーザー光には特定の物質にしか反応しない特徴があり、健康な部分を傷つけることなく、菌に侵された部分のみを除去することが出来ます。

川手歯科クリニックでは炭酸ガスレーザーを使用しており、次のような場合に使用しています。
歯肉の炎症緩和、メラニン色素の除去、口内炎の治療、歯肉の切除、根管消毒、知覚過敏処置など

笑気麻酔笑気麻酔
笑気ガスといわれる亜酸化窒素ガスを使用した麻酔法です。古典的な麻酔であるエーテルやクロロホルムに比べて副作用(危険性)が少ないことから、外科手術の全身麻酔・産婦人科・歯科などの広い医療分野で活用されています。

笑気ガスの利点は導入・覚醒が早いこと、安全域が広いこと、また鎮痛効果が強いことがあげられます。意識レベルはそれほど極端には下げませんので、場合によっては話している内容がわかるくらいのレベルでの治療が可能です。

拡大鏡拡大鏡
患部を拡大することにより治療の精度が向上し、健康な状態を維持するために審美性(美しさ)も両立できる診療を可能にします。

遠心分離機遠心分離機
患者さまの血液を少量採血し、遠心分離機を用いてフィブリンゲルを採取します。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含むので、インプラント手術後の治癒促進、親知らず抜歯後の腫れ・痛みの軽減などの効果があります。

マイクロスコープマイクロスコープ
歯科治療では、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされるケースがあります。そこでドクターの強力な武器となるのが、この「マイクロスコープ」とよばれる顕微鏡です。

当院で使用するマイクロスコープは、肉眼の約20倍に視野を拡大できるので、今まで発見できなかった微少な患部を判別し、処置ができるため、治療処理が飛躍的にアップします。

セレックセレック
通常、人工歯冠(詰め物、被せ物)を製作する場合、歯型を採取してデータを技工所に送り、技工士が人工歯冠を作り医院に送られるという工程のため、どうしても時間と手間がかかります。

セレックはスキャナで歯型データを撮り、コンピュータ制御で自動的に人工歯冠を削り出してくれるので、手間や時間が大幅に削減でき、早ければ1日で人工歯のセットができます。

カウンセリングルームカウンセリングルーム
不安を解消する「対話型診療」を心がけております。完全個室となっておりますので、不安なことはご遠慮なく何でもご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております